STORY

7年前、ひとけのない海辺。
砂浜の上でふたりの裸の男が激しく互いを求めあっている。
男たちの名は武(伊神忠聡)と一義(折笠慎也)。
「一義…激しい…」武が喘ぎ声を漏らす。
「ずっと覚えていたいから。向こうでも忘れないように」一義が囁く。

「いつか一緒に店やろうな」一義の言葉にうなずく武。
その言葉を残し一義は、イタリアへと料理修行の旅に出た。

海辺の街で妹・茉凛(秋乃ゆに)とトラットリアを営む武。
オーナーである父・幾多郎(近藤善揮)は病に倒れ、母・久海(久保亜津子)の介護が必要であった。
店は常連客の清順(尾倉ケント)や沢山の客たちで賑わっている。
茉凛は交際相手の子を身篭っており、近々結婚式を挙げることになっていた。
その相手は、7年前イタリアへ旅立った一義の弟・優生(長野こうへい)であった。

 

早朝、市場へ仕入れに出かけた帰り道、茉凛が武に言う。
「一義さん、イタリアから来てくれたって」

7年ぶりの再会を果たした武と一義。
静かに、しかし熱く再会を喜ぶ一義に対し、
武はどこかよそよそしい。
車中で一義からキスを迫られても、武は拒んでしまう。
「お前が必要だ」一義は武に告げる。
一緒にイタリアへ行こうと迫る一義に、武は…。

夜。
一義を乗せて走る武の車の前に、突然何ものかが飛び出してきた。
筋肉質で太い手足、よくやけた肌、濃いひげ。
そしてびしょ濡れの、奇妙な大男・彰(後藤剛範)。
その大男は車から降りてきた武たちに一言「腹が…減った」
とだけ呟くと、その場に倒れてしまう…。

映画|強がりカポナータ

Copyright © OP PICTURES All Rights Reserved.